どんな人が向いている?様々なOA機器の説明をしよう

>

わかってもらえる説明を身に着けよう

どんな風に説明すれば良いのか

契約を取るためには、うまく説明する能力が必須となります。
相手を納得させることでOA機器の良さが伝わり、興味を持ってくれるはずです。
そのために、第三者への説明の練習をするのがおすすめです。
いきなり会社に行って説明しようと思っても、緊張して言葉がうまく出てこないかもしれません。

説明が伝わらなかったり、詰まったりすると印象が悪くなります。
印象が悪くならないよう、練習が大事だと理解してください。
またメモに、要点をまとめるのも良い方法です。
絶対に伝えたいOA機器のメリットや、使い方などが要点になります。
まとめた要点を伝えることを忘れずに、どのような流れで説明すれば良いのか、文章を組み立てましょう。
伝えたいことを事前に考えておけば、緊張もしません。

質問された時の対応もしっかり準備

こちらの説明が終わってから、相手に質問されるかもしれません。
その場合はすぐ答えられるよう、いくつかの質問を想定して答えを用意しておきましょう。
質問に答えられないと、相手から不信感を抱かれてしまいます。
質問に答えられない人からはOA機器を契約したいと思わないので、失敗することが多いでしょう。

ちなみにたくさん質問されたということは、自分の説明に不備があったと思ってください。
説明不足だったことを反省して、次回はもっと詳しい内容を説明に盛り込みましょう。
契約を取ることができても、結果に満足してはいけません。
会社から出たら、1人で反省会を行ってください。
良かったところはこれからも続け、改善すべき部分はどうすれば良いのか考えましょう。


この記事をシェアする